自分の身体を見直す〜はじめてのサプリメントを選ぶときに気をつけること〜

ある日突然、“健康になろう!”と決意しても何から取り組めば良いかわからない。だが、運動習慣や食生活を変えると意気込んでも、かなりの体力と根気とお金を必要とする。それならば、普段の食生活も運動習慣もそのままにして健康になろうと決めた。それにはどうすればいいか。そこで目をつけたのは“サプリメント”だ。今までと変わらない生活にプラスαとして“サプリメント”を飲み始めたら身体に変化はあるか?を検証していきたい。

サプリメントに目をつけたきっかけ

サプリメントに目をつけたのは、ファーストフードや高カロリーな食べものを好むアメリカと比較したときに気づいた。平均寿命、食習慣、医療費などあらゆる点において異なるアメリカ。一番目を惹いたのが”アメリカはサプリメント大国”だという点。その理由は、

医療が高い → 病気になると出費が半端ない → 病気にならないようにしよう → 常に健康でいたい → サプリメントで身体に必要な栄養を普段から取り入れよう 

という理屈のよう。こうやって、常に健康を意識しているアメリカを習ってサプリメントを常用してみることにした。(健康には気をつけるのに、食べものを変えないところが筆者の考えと似てたのも理由の一つだが笑)

自分にあったサプリメントを選ぶ

サプリメントを取ることに決めた。ではなんのサプリを選ぶべきか?AmazonやGoogleで“サプリメント”と検索してもでるわでるわのサプリメントパレード。あまりにもいろいろな種類のサプリメントが出回っていて、“初心者はどれから始めればよいか?”の解を得られないだろうと思う。

今足りない、昔摂ってた栄養

そこで昔の人との比較で現在の自分に足りない栄養を考えたい。筆者は昼はロースカツ定食、夜はコンビニ弁当+焼きそばとかなり不摂生な生活を送っている。それと昔の人の食事を見てみると一目瞭然である。

first supplement 02
http://kiku376.blog.fc2.com/img/201705080159008fb.jpg/

ご飯
味噌汁

野菜や一品

世間を騒がせる”食の欧米化“とはまさにこのことだろう。ただ、今回は自分の食生活を見直さずにサプリメントの力を借りる試みなので、食べ物は一切変えない。

最初のサプリメントを選ぶ基準

今までサプリメントを飲んだことがなければ、最初に買うサプリメントは今後のサプリメント生活を送る上での基準となる。基準とは、

“今回はあまり効かなかった。次回は栄養素の包含量が多い物を選びたい”
“今回はおいしくない。次回は味がしないか味付けされた物を選びたい”など。

そして、その基準を作る上で重要となるのは、バラツキがないことだといえる。バラツキとは、“この栄養素は◯◯社のサプリ”で”この栄養素は△△社のサプリ“と比較できないことだ。これらから、筆者が買ったのは以下である。

first supplement 01

買ったのは、食物繊維、DHA・EPA、カルシウム、マルチビタミン。
昔の人の食事と栄養素の観点で比較して見たところからこれらを買った。もう一度昔の人の食事を振り返りたい。

ご飯 ・・・ロースカツ定食とコンビニ弁当で毎日食べてるので大丈夫。
味噌汁 ・・・味噌(大豆)。ロースカツ定食に含まれる。
魚 ・・・フィッシュオイル。ほぼ食べてない。
野菜や一品 ・・・食物繊維、ビタミン。ロースカツ定食に少し含まれる。

今やどこにでもドラッグストアはあると思うが、そこにほぼ置いてあるだろうのがこれらの大塚製薬のサプリメント。サプリメントの会社を同じにすることでバラツキを抑えて、かつ基準とした。

次回は、これらを飲んでみた結果を紹介する。

注意
サプリメントの服用で気をつけること

サプリメントの効き方は人それぞれである。栄養補助としつつも薬に近い効果を持つものや過剰摂取になってしまうものもある。身体から異常反応がでることもあるので、少しでも異変を感じたら即座に飲用・服用を中止することに留意したい。健康を意識してサプリメントを服用したら副作用が出たとなると本末転倒になる。

siamnora (@siam__) のヒトコト
目指すは完全な健康体!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)