[レバノン] 控えめな世界遺産:ビブロス遺跡に行った。

レバノンにある5つの世界遺産の1つ ”ビブロス遺跡” に行ってきた。

Lebanon Biblos 05

行き方

ベイルートから北35kmくらいのレバノンがもつ5つの世界遺産の一つ。別名ジュベイル(Jbeil、ビブロスでもどちらを言っても通じる)。トリポリからとほぼ同じ距離なので、どちらからでも行ける。

Lebanon Biblos 04

どんな世界遺産か

かなり小さい面積に所狭しと並んでいる。そして、ほとんどの遺跡が壊れていた。

・・・このくらいの感想しか持てなかった。そのくらい拍子抜けする。

なぜ世界遺産に登録されたかを考える

この場所がなぜ世界遺産になっているか。それは大きく2つあると思われる。

  1. 聖書の”バイブル”とは、この土地を由来としてできた呼称。
    パピルス(植物の一種)→(”パピルス”をギリシャ語で言い換えると)ビブロス→ビブリオン(本)→ビブル(聖書)という具合。
  2. アルファベット発祥の地と言われている。
    アルファベットの元になったフェニキア文字がここから生まれたから。

この聖書・アルファベット発祥の地は、様々な年代のものが一同に介しているから歴史を感じることができる。

Lebanon Biblos 03

もっとご紹介

多くを語ることはできないので、写真で紹介。
少しばかりの高台から遺跡全体を見渡せる。

Lebanon Biblos 01

Lebanon Biblos 02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)